藤原工業株式会社

〒739-2612 広島県東広島市黒瀬町丸山402
TEL 0823-82-2966 FAX 0823-82-5793
お問い合わせ
ホーム > 自社製品 > にごり酒製造装置詳細

自社製品

にごり酒製造装置詳細

システム構成図

システム構成図

特長

  • 製品過程の人員が削減できます。
  • 製品の均一化が図れます。
  • 検査方法が単純で軽作業となります。
  • メンテナンスが容易です。

仕様

構成
自動スクリーン&異物除去装置(目視検査)
寸法
W:800mm×L:2,000mm×H:1,400mm
(最小設置スペース)
重量
自動スクリーン:120kg
異物除去装置:40kg
処理能力
0〜1000リットル/時間
動力
自動スクリーン用可変モータ:100V-90W
異物除去装置用真空ポンプ:100V-250W
異物除去装置用バックライト(調光式):100V-40W

設置方法

  • 自動スクリーンと異物除去装置を水平な床に設置して、ストッパーで固定してください。
  • 各装置の間隔は配管の長さに合せて設置してください。
  • 酒粕出口と処理済にごり酒の出口にそれぞれ受け容器を置いてください。(容器は別売)

運転方法

  1. 自動スクリーンの入口配管にモロミ移送ポンプを接続します。(ポンプは別売)
  2. モロミ移送ポンプの出口バルブまたは、インバーターで供給量を調節します。
  3. 異物除去装置のバックライトを点灯し、ボリュームツマミで明るさを調整します。
  4. 真空ポンプのスイッチを入れ、モロミが自動スクリーンを通り検査用トラフに入ったら、 ゲートを上下させ、にごり酒がトラフの前面に流れるように致します。
  5. 異物を発見したときは、真空タンクに接続されたノズルを用いて異物を吸い取り、 除去します。

特許2010-170019出願済